Cph4 薬

Add: iwaqo37 - Date: 2020-11-20 10:42:10 - Views: 7401 - Clicks: 8970

See full list on opinioline. 薬は、cph4という妊娠6週目の妊婦の体内で作られる、全身の骨を形成するためのエネルギーでした。マフィアはそれを人工的に作ることに成功したのです。 ルーシーはチャンの居るホテルへ向かいます。 手下を殺し、チャンの両手をナイフで突き刺します。. 年に制作されたリュック・ベッソン監督作品『LUCY(ルーシー)』では、「脳が100パーセント覚醒した場合に人間はどうなるのか」をテーマにしています。スカーレット・ヨハンソン演じる主人公ルーシーは、マフィアの闇取引に巻き込まれて腹部にcph4という合成新薬の包み(1キロ)を埋め込まれます。運び屋をしている途中、腹を蹴られたことでcph4の一部が体内に漏れ出し、薬物中毒により脳が覚醒。徐々に脳の可動範囲が広がり、次々と特殊能力が使えるようになっていきます。 20パーセント覚醒・・・身体能力が著しく向上し、痛覚等の感覚を制御・遮断できる 30パーセント覚醒・・・エネルギーや電気・電波信号の流れを感じ、視覚的に捉え、操ることができる 40パーセント覚醒・・・他者の肉体をコントロールできる 50パーセント覚醒・・・人間を含めた全ての物質を自在にコントロールできる 60パーセント覚醒・・・空間・重力の制御ができるようになる 70パーセント覚醒・・・肉体の変形制御および物質との融合が可能になる などなど 最終的に脳が100パーセント覚醒したときに起こることは・・・。以下は映画を参照のこと。 リュック・ベッソンの独自の想像力から生み出された解釈ですが、脳を100パーセント覚醒させることへの憧れと畏怖をリアルに表現しています。100パーセントをフルに使い切ったらどうなるのかは今のところ誰にもわかりませんから、こういう解釈もありということで。. cph4を回収しました。 ルーシーは薬をピエールに渡し、 ノーマンがいる大学に向かいます。 ノーマンはルーシーの為に 研究仲間の4人を集めていました。. ブリーフケースの中身は青紫の粉が詰まった袋4つで、「cph4」という薬ですが、 毒見役の男が鼻からストローで吸引してラリってたし、新種の麻薬かなと思いました。 ルーシーは殺されませんでしたが、代わりにチャンから運び屋を強要され、.

続きを読む 受信: 年9月12日 (金) 23時19分. 久々の映画だった~すごかった~あぁベッソン~。台北で楽しい日々を過ごしていた普通の女性ルーシー(Scarlett Johansson)は、ある日薬物取引に巻き込まれ、CPH4という薬物が入った袋を腹部に入れられてしまう。. See full list on hm-hm. ルーシーは台湾に留学中の、25歳のアメリカ人女性です。両親は健在で、アメリカに住んでいます。 ある日ルーシーは、1週間前に知り合って付き合い始めたばかりの恋人・リチャードに、頼まれごとをされました。 cph4 薬 その内容はうさんくさいものです。『リージェントホテル台北』にいる、チャン氏にアタッシェケースを渡してくれというものです。 リチャードはルーシーのご機嫌を取るかのように「こないだ博物館で、人類最初の女性とされる、ルーシーを見た」と言いますが、月曜から試験が始まるので勉強しなくてはならないと、ルーシーは断りました。 すると、リチャードはいきなりルーシーの手首に手錠をかけ、もう片方をケースに繋ぎます。 ケースの中身は何なのかと問うても「知らない、何かの書類だと思う」だし、アタッシェケースを開ける番号はチャン氏しか知らないとのことでした。リチャードは本当にケースの中身を知らないようです。 報酬が1000ドル(約10万円)と聞いたルーシーは、やっぱりうさんくさいと感じて、早く切り上げようと考えました。フロントに行ってチャン氏を呼ぶと、ロビーにチャン氏の手下が現れます。 チャン氏の手下の黒ずくめの男たちは、ガラス越しにホテルの外にいるリチャードを狙撃し、リチャードは即死しました。 手下たちはフロントに口止め料の札束を置くと、ルーシーを部屋に連れていきます。 ルーシーは部屋で必死に弁解しますが、英語を理解してくれる者はいません。またルーシーも、チャン氏の手下たちが話す韓国語を理解できません。 (台湾は中国語。チャン氏は韓国マフィアなので韓国語を話している) 奥からチャン氏が現れますが、顔には血しぶきが散っており、明らかに人道にもとる行為をしてきたようでした。チャン氏は通訳の男を呼ぶと、140という番号を伝え、ケースを開けろとルーシーに言います。 手下たちは爆弾物だった時に備えて透明の盾に隠れますし、チャン氏も開けろと言った後は、隣室に避難しています。 こわごわ開けると、そこにはパープルっぽい青い粉末の袋が4つ入っていました。 チャン氏は韓国のマフィアのボスで、麻薬王です。中の青い袋は新種のドラッグ・CPH4でした。 ヤク中の男に吸わせて効果を試したチャン氏は、男を射殺すると、ルーシーに仕事を頼みます。 ルーシーは断りますが、勝手に引き立てられ、殴られて気絶しました。 〔1%〕. お腹を切られて体内に薬(cph4)の袋入れられたし! そう、マフィアさんたちは、犠牲者の体内に薬を隠して国外に密輸しようとしていたのです。 悪知恵働くなぁ。 ルーシーは、マフィアの下っ端男にエロ視線を向けられ、 cph4 薬 「( д´) ケッ! 。目が覚めるとそれは彼女のお腹の中に埋め込まれてしまっていたのです。 一方、脳科学を研究している第一人者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)は、 通常10%しか引き出せない人の脳の力を、極限まで高める研究をしていました。. LUCY/ルーシー あらすじ 一般人・ルーシーは中国に来ていた。ある日突然マフィアの闇取引に巻き込まれ、運び屋として腹に袋詰めされたCPH4という薬を埋め込まれてしまった。しかし、トラブルをきっかけにCPH4がルーシーの体内に漏れ出てしまう。するとルーシーは超能力のような力が使える.

cph4 薬 ルーシーは「あなたの理論は初歩的だけど、間違ってはいない」と言い、自分が24時間以内に死ぬことを告げ、現在脳内の覚醒が28%だと申告します。 他にも他人の肉体操作が可能で、電磁波も基本的なものは操作できると言います。テレビを操作してみせたことが証明になります。 「自分はどうすればよいのだろう」と聞いたルーシーに、ノーマン博士は少し考えた後「学んだ知識を伝えるのが、細胞の役目だ。時の流れを生きる細胞のように」と答えました。 ルーシーはノーマン博士の答えが気に入りました。そして自分の脳が100%になった時に何が起こるかということと、それまでに得た知識を全てノーマン博士に与えることを約束し、12時間以内に博士のところへ行くと約束して電話を切ります。 ルームメイトのキャロラインには、別れ際にプリントアウトした処方箋を渡して「腎臓と肝臓の機能が低下しているから、医者にかかれ」と言いました。 病院で問題を起こしたルーシーは、指名手配されています。 自分を黒髪ロングストレートに変化させたルーシーは、フランス警察のデル・リオ警部に電話をかけました。 デル・リオ警部は見知らぬ女性からの密告電話を取り合いませんが、カメラもないのに自分がいま机の上に腰かけていて、脇に赤いペンがあることを指摘されて、本腰を入れます。 〔30%〕 ルーシーはデル・リオ警部にてきぱきと指示を与えます。 これから腹部に違法薬物を入れた運び屋が3つの地域の空港に降り立つから、速やかに逮捕してクスリを回収しろと言い、「ドイツ・ベルリン」「フランス・パリ」「イタリア・ローマ」3か所に降り立つ運び屋の顔写真を、デル・リオ警部のパソコンに送信します。 デル・リオ警部はその顔写真を元に3人の運び屋を逮捕しました。 〔40%〕 cph4 薬 飛行機でパリに向かうルーシーは、機内でもまだパソコンを高速度で操って学習していました。あまりに速く操作する様子に、隣の席の中年男性はあぜんとしています。 CA(キャビン・アテンダント)に機内でのパソコンの操作はおやめ下さいと注意されても、ルーシーは気に留めず「鼻が垂れてる。シャンパン持ってきて」と言いました。 直後、CAの鼻から鼻血が出て(ルーシーがやった)、別のCAがシャンパンを運びます。 シャンパンを飲んだルーシーは、グラスに自分の歯が落ちて驚きました。さらに咳をすると、てのひらに3つの歯が. これはルーシーの. 闇取引に巻き込まれた女が、取引に使われた薬で超人的能力を発揮し美しい復讐劇を魅せる ストーリー 感動 コメディ スリル オススメ度 日本公開:(米)年7月25日 (仏)年8月6日 (日)年8月29日 監督:リュック・ベッソン 出演者:スカーレット・ヨハンソン /. 腹部に新型の麻薬・cph4を埋め込まれ薬の運び屋に仕立てられるのです。 しかし、対立する組織に捕まり暴力を受けた際に腹部に埋め込まれた麻薬の袋がやぶれてしまいますが、cph4はその10%しか働いていない人間の脳を覚醒させるものだったのです。. cph4という薬の正体. ルーシーは別のマフィアに移動中につかまり、 拷問を受ける間に体内の袋が破れ、. 映画化もされた人気ドラマ『SPEC』では、戸田恵梨香が演じる主人公の当麻紗綾が度々口にする常套句にも”10パーセント神話”が登場します。 この作品でも『LUCY』と同様に、脳が覚醒したら常人以上の力が発揮できて特殊能力も使えるようになる、という前提が物語の根底にあります。登場するSPECホルダーと呼ばれる超能力者たちは皆、脳の残り90パーセントも使いこなすことで、他人の心を読んだり、記憶を書き換えたり、はたまた時間を操作したりといった異能の力を手に入れています。 これも当然ながらフィクションの域を出ないわけですが、視聴者の願望も手伝ってか、この奇抜な設定自体はかなり好意的に受け止められました。. 薬に反応したLucyの体は尋常じゃない動きを見せ再び気を失う。 ↓ 次にLucyが目を覚ます頃には覚醒が始まっていた。難なく閉じ込められていた建物から抜け出すとそのまま病院へ行き、体に入っている残りのCPH4を摘出。.

反抗的なルーシーに怒ったチャン氏の手下が、ルーシーの腹部に蹴りを入れました。ルーシーは再び気絶しますが、この時、腹部の中に埋め込まれた青い袋が破れ、CPH4がルーシーの体内に洩れ出ます。 〔20%〕 体内に洩れ出たCPH4が吸収されるのには、痛みが伴いました。 ルーシーは壁や天井を這い、苦しみのたうちまわります。宙に浮いているのですが、本人にその自覚はありません。 やがて目覚めたルーシーは、五感がフルに作動していると感じます。 ルーシーを地下牢に閉じ込めた男がやってきますが、ルーシーはその男をあっという間に倒し、地上に出ました。 地上は変哲もない飯店(食堂)ですが、そこにいた人たちも倒します。被弾してもルーシーは全く痛みを感じず、いとも簡単に男たちを倒すと、銃を手に入れます。 そこにあった食事を食べたルーシーは店を出て、タクシーに乗ると、銃で脅して「病院へ行って」と言いました。 移動中も、遠くで携帯電話を使って話す人たちの声が聞こえます。外国語の文字もすべて理解できます。 手術室に入りこんだルーシーは、カルテを見ると銃で手術中の患者を殺しました。 「この患者は無理。脳に腫瘍が転移している」と告げると、代わりに手術台に乗り、医者に「腹部に埋め込まれた袋を取り出してくれ。洩れ出している」と告げます。 痛みは感じないので、麻酔は必要ないと拒否しました。 手術中に医者の携帯を借りて母に電話します。父はジムに行って留守でした。ルーシーは今まで母に大事に育てられたことのお礼を言いますが、その記憶はルーシーが1歳になるかならないかまでのものも含まれていました。 医者が袋を摘出すると、1kgあった袋の半分、500gがルーシーの体内に吸収されたと判明します。 薬の正体がCPH4と聞いた医者は血相を変えました。ルーシーが聞くと、それは妊娠6週目の妊婦の胎内で作られるもので、胎児にとっては原始爆弾並みのパワーの源でした。 違法薬物なので当たり前ですが、人工的に使用するのは本来は御法度です。 ところで、500gのCPH4を摂取して生きているのは、不思議なくらいだと医者から聞かされたルーシーは、自分の命はもう長くないと腹をくくりました。急速な細胞分裂で死んでしまうのです。 ルーシーは残りの3袋が埋め込まれた3人の運び屋の行き先を知ろうと、チャン氏のところへ戻りました。 チャン氏は両目に. 現在でも人間の脳のしくみについてはそれほど解明が進んでいるわけではありませんから、パーセントで考えることはできません。ただ、「10パーセントしか使われていない」という言葉の解釈については、放射線検査の進歩により変わってきています。 PET検査とMRI検査によって脳の働きを調べた実験では、一日を通して脳はその全体がまんべんなく使われているとのこと。ただし、脳全体を一度に使うようなことはなく、コンピューターの省電力CPUと同じで働かせる部分と休ませる部分があるのだと考えられています。また、右脳と左脳で働きが違うことや、脳の部分によって司る機能が違うという点も、その部分がそれに特化しているわけではないこともわかってきています。例えば右脳が損傷した場合は左脳が右脳の仕事を分担したり、脳の損傷した部分が司っていた機能を他の部分が代行することも症例として知られています。 →参考:The Ten-Percent Myth つまるところ、新薬でも何でもいいので脳全体を一度に働かせられるほどのエネルギーを与えることができたなら、100パーセント解放することも可能かもしれないということです。あくまでも理論上のことですし、熱暴走して壊れちゃうかもしれませんが。 『LUCY』に登場するcph4という薬品は、母親の胎盤から抽出された成分をもとに作られたものでした。今は映画の中のことでしかない話ですが、近い将来に脳覚醒を促進する新薬が発明されないとも限りません。アルツハイマー治療の研究の副産物か何かで、ある日あっさり登場する可能性も・・・。 脳は90パーセントが使われないまま一生を終えるわけではなくて全体が同時に使われることがないだけ、というのが現代の正しい”10パーセント神話”の解釈だと考えられます。ヨガの修行などを通じて20パーセント使えるようになった人もいる、という話も聞きます。同時に使える領域を増やす方法もあるのかもしれませんが、普通のCPUは無理させずに使うのが、今のところは安全そうですね。. 薬(cph4)の運び屋にされたルーシーは監禁中にチンピラに腹部を蹴られてしまう。 そのショックで袋が破れて体内に薬が放出された、その瞬間CPH4がルーシーの体に影響し脳が覚醒される。. ルーシーは携帯電話の通話が細い糸のように見えるようになります。糸をかき分けてジーの通話を聞いたルーシーは、移送先の病院にチャン氏の手下が集まるのを知りました。 半ば強引にデル・リオ警部と運転を代わったルーシーは、パリ市内を高速で運転し、周囲に多大なる迷惑をかけつつ病院に到着します。 病院ではチャン氏の手下たちが、運び屋の腹部から薬物を取りだしているところでした。そこへルーシーが現れます。 〔60%〕 チャン氏の手下・ジーはルーシーをなめてかかっていました。薬物を入れたカバンを持って逃走しようとしますが、目の前に見えない壁ができます。 cph4 薬 銃は全て天井に浮かび、ルーシーに拳で立ち向かおうとした部下たちは、次々に宙に浮いてしまいます。ルーシーはまっすぐジーのところへ行き、カバンを受け取りました。ジーは身体を動かせず、悔しそうです。 ルーシーは3人目の腹部から薬物を取りだすと、デル・リオ警部を連れて病院を去りました。チャン氏とジーは車を追跡します。 デル・リオ警部は、自分の手伝いはいらないのではないかとルーシーに言いますが、脳の覚醒と共に人間らしい感情が欠如してきているルーシーは、デル・リオ警部にキスをして「思い出に」と言いました。 ノーマン博士にルーシーが電話をかけると、博士は同じ分野の研究者たち4人を集めていました。そこへルーシーが現れます。 にわかにはルーシーの能力を信じられない連中ですが、ルーシーが研究者の1人の肩を触り「娘さんは6歳で交通事故死」と言って死の時の車中の様子を話すと納得します。 ルーシーは研究者たちを前に、時が物質の存在を明かすことを説明しました。一本の道を車が走行する映像を見せ、車の速度が速くなると見えなくなることを例に挙げて「時なくして物体は存在しない」と言います。 研究室はチャン氏と手下に包囲され始めました。突破されそうだと感じたルーシーは、研究室で残りの薬物を一気に摂取して、100%になった瞬間にコンピューターを作り、全知識をダウンロードして渡すと、ノーマン博士に約束します。 残りの薬剤が点滴で投与されました。ルーシーはプラズマ波のような白い光を口から吐きます。 〔70%〕 ルーシーの腕が黒くなり、エネルギーと物質を取りこみ始めました。コンピューターとパソコンを取りこみ、接続します。 〔80%〕 研究室が背景のない白一色の世界になりました. しまう薬でした。. ブタ、ウマ、ヒトなどの胎盤は、医薬品として漢方薬の紫荷車などのほかに化粧品や健康食品などに利用されている。日本では俗にプラセンタと呼ばれる。 処分. 気が付くと腹の中に「cph4」という薬が1キロ、埋め込まれていました。 マフィアからの命令は「それを母国の仲間の元まで運べ」というものでした。 他の運び屋の男3人が外に連れられて行き、最後にルーシーがどこかへ運ばれていきました。. 極限というとゴールは100%という事になります。.

その結果、cph4という新種の麻薬の運び屋としてお腹の中に薬の袋を埋め込まれて強制帰国の路につくことになってしまう。. 作中に登場する脳機能を覚醒させる架空の薬。妊娠6ヶ月の妊婦の体内で作られる成分で、ルーシーの体内にあるような量のcph4を集めるのは大変とのこと。 キャスト. そして持ってきた薬を全て自分に投与し始めた。 脳を100%使えるようにするためには薬を摂取する必要があるとルーシーは語った。 また100%にするためには自分の全て作りかえる必要があるとも言った。. 主人公ルーシーは、 cph4 が「妊娠 6 週の妊婦が胎児に栄養分として作る物質」と知り、このままだと薬が引き起こす急速な細胞分裂で死ぬことを悟り、「私は 24 時間以内に死ぬ」と言います。. 切って隠し入れた薬CPH4が、 脳の10%しか使ってない人間の能力を 高めるもので、ルーシーは蹴られたお腹の 薬の袋が破れて能力が覚醒するっていうSF、 ブラッドリー・クーパーさん主演の 「リミットレス」とよく似た設定です。.

LUCY/ルーシー (字幕版) CPH4と呼ばれる薬を体内に取り込んでしまった主人公のルーシーが一般人が使用可能な脳の領域(10%)を超えて人類を超越するというSFアクションムービー。. たまたまAmazon Primeビデオの配信で観た2つの映画には、面白い共通点がありました。それは、人間の脳に関するものです。人間の脳が僅かしか使われていないということは、もちろん知っていました。脳には無限の可能性が含まれていて、もし脳の機能をフルに使うことが出来たら、超人的能. 薬の中身はcph4という胎児にとってのパワーの源でした。 この時点で彼女の脳は20パーセント近く脳の機能使っていました。 その結果長くは生きられず医師からは24時間と告げられた。 復讐を誓うルーシーは他の運び屋の下へと足を運び全ての薬を回収し. 最終的に脳の. そのcph4の合成薬は通常10%までしか活用できない人間の脳の潜在能力を極限まで高めることができる副作用があったのだ。 運び屋として体内の麻薬と共に移動するよう命じられたルーシーだったが、麻薬を狙う別のマフィアに捕まってしまう。. cph4とは、妊娠6週目の妊婦の体内で作られるもの。 わずかな量でも胎児には原子爆弾と同じ威力を出し 全身の骨を形成するためのエネルギー源 となります、.

前から観よう観ようと思っていた『ルーシー』をようやく観ました。 ルーシーという女性が、ある事件に巻き込まれ「cph4」という薬を摂取してしまい(その摂取のしかたも大変なのですが、ここでは省略して)、それが脳の活性化を促し、最後は100パーセント脳の機能を使う、というものです。. 「このcph4の薬いいな~! 」と思って「遺伝子のコードを使ってなんとか潜在能力を高めてすごいことができないかな? 」と実験するために探し出した遺伝子コードが「GALNT2」でした。. 脳を100パーセント覚醒させる驚異の新薬を手に入れた男の運命を描いた作品が『リミットレス』。脳を覚醒したことで小説界やビジネス業界で大成功を収めるが、薬の副作用に苦しみます。また、新薬を巡る陰謀にも巻き込まれていきます。 この作品では脳を100パーセント解放した主人公が超能力を使えるようになるわけではないのですが、100パーセントの覚醒状態を経験してしまった人間がその絶大な能力を手放すことができなくなるという描写がリアルです。そんな新薬があったら誰でも欲しいし、それが高価であればその新薬を手に入れるためだけに能力を費やすようになるという可能性は否定できません。.

あらすじをかいつまんで言うと、⇑主人公ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は普通の女性でしたが、ある日マフィアの薬の取引に巻き込まれ、妊娠6週目の妊婦の体内で作られるcph4という発育にかかる成分を人工に生成した麻薬の運び屋になり、袋に入れた麻薬を体内に入れて運ぶ際に. 主役・ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は悪い男友達に騙されて、ケースを運ぶ役をさせられる、運んだ相手は韓国マフィア、ルーシーは捕らえられ、下腹部に手術をされ、薬の袋を埋め込まれる。 この薬はCPH4と呼ばれる凄い薬。. 1982年の創業以来30年以上にわたって、コールセンターアウトソーシングを中心としたCRMソリューションの数々をお客様に提供してきたベルシステム24のホームページです。ソリューションや導入事例の紹介、またこれまでに培ってきたノウハウに基づく、コールセンター構築のTIPSなど、様々な. 暴行を受けた衝撃で袋は破裂し、体内にcph4がとけ出してしまう。薬の過剰摂取によりルーシーの脳は覚醒し、驚異的な力を.

Cph4 薬

email: xifunyl@gmail.com - phone:(367) 390-8362 x 1197

ガンダム ダブルオー ガンダム -

-> 阿部 薫 俳優
-> 古川 い より

Cph4 薬 -


Sitemap 1

ケイト モデル - バイミー スタンド